自慢できる我が家にリフォーム!実行するには業者選びが重要?

実際にあったトラブルから知る!

契約するのが心配になった

オシャレな住宅に憧れたのは良いですが、業者の口コミや情報を調べないままアポを取るとかなりの確率で良いと言えない業者にあたることがあります。
例えば契約書があまりにも簡素的で不安になってしまうパターンや、リフォームに関して事前説明がないため、希望通りに仕上がらなかったというケースが多くあります。
また施工中に「希望の施工をするためには、追加費用が必要。」と後出しで言われるケースもあります。このようなトラブルは事前にその業者情報を調べること、そして後出しに関しては一旦保留にして契約書に記載があるか確認してみてください。
それでも業者が引かない場合は、然るべき窓口へ相談してみるのも良いですね。不当な条件に泣き寝入りする必要はありません。

施工後のトラブルはこちら

やっと施工が終わったのは良いが、しばらくして不具合や不備に気づいた。急いで業者へ相談したが全く相手にしてくれない。リフォームのトラブルでは実によくある話です。
この場合も契約前に交わした契約書や保証規定が記載されている書面を確認しましょう。それでも業者が対応しない場合は相談窓口や消費者センターへ確認をしましょう。ちなみに希望通りにしたことで住宅の耐久性に問題がある、またはあまりにも無理難題な希望に関しては事前に断られる可能性があります。
いくらオシャレにしたいからといって住宅として機能していなければ意味がないですし、安心して暮らすことはできません。リフォームを成功させるためには、信頼できる業者選びをすることが重要なのです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る